新しいiphoneを購入したら、傷つけないようにiphoneケースで保護したいものです。落下などの衝撃から本体を守ったり、中には防水性を高められるようなものもあります。おしゃれさを重視したものもあります。自分に合うケースを見つけるためには、まずは最低限どんな機能をケースに求めるのかを考えてみましょう。例えば電車や地下鉄をよく使うからICカードを入れたい、薄くて操作の邪魔にならないものがいい、iphoneのデザインを損なわないものがいい、とにかく可愛いものがいい、などを考えてみるということです。全ての条件を満たすものを見つけるのは難しいかもしれませんが、できるだけ希望に近いものを見つけられるように、欲しい機能や求めるデザインなどを具体的に挙げていきましょう。

ICカードを入れたい人に便利な手帳型ケース

iphoneケースをつけたい人が理由としてあげるのが多いのが「ICカード機能をつけたい」ということです。そんなときに役立つのがカードを収納しておけるポケットが付いている手帳型のケースです。手帳のように二つ折りになっていて、開くとそこにポケットが付いているタイプが多いです。片方にはiphoneを装着できるケースがついていたり、両面テープで固定できるようになっています。手帳型ケースを使うときには、カメラ機能がそのままでも使えるかに注意した方がいいです。いちいちケースから取り外さないとカメラが使えないタイプだと、使いづらさを感じます。また、手帳型ケースにクレジットカードなどの磁気カードを入れるのは危険です。iphoneによる磁気や、ケースについている磁石によってカードが使えなくなってしまう可能性があるからです。

コンパクトに持ちたい人のためのカバーケース

手帳型ケースは色々入れられて便利ですが、重さと厚みが出てしまうので操作の邪魔になることがあります。操作のしやすさとコンパクトさを重視したいのであれは、iphoneケースはカバーケースにした方がいいでしょう。iphoneの画面以外の部分を取り囲むようにしてはめることができるケースです。基本的にカバーケースは、iphoneの側面と背面を守るためだけの機能です。たまにカード収納可能なカバーケースもありますが、そのぶん厚みが出ます。背面に絵柄がプリントされているものなどがあり、ここでおしゃれを楽しむことができます。iphoneのデザインを損ないたくないのであれば、透明なカバーケースをつければいいです。素材はシリコンやプラスチックなど色々あるので、耐久性や手触りで選ぶといいでしょう。