今や街で見かけない日はないくらい普及しているスマートフォンは、デリケートな機械で落下など何らかの衝撃で液晶画面が割れてしまう事があります。iphoneとなると、スマートフォンの中でも特に繊細でガラスが割れやすいです。そのため購入の際には必ず画面を保護するための液晶シートとiphoneを全面的にカバーすることのできるiphoneケースを購入しましょう。カバーは傷そのものを守ってくれる事もあり、どんなにお気に入りのケースでも割れてしまったりとなかなか長持ちさせる事ができません。1年同じケースを使う人はなかなかいないほど、結構な確率でケースを変えています。今回は全面的に傷などからカバーができるケースの長持ちさせる方法について紹介します。

オシャレな革の手帳型ケースはこまめなお手入れが大事!

スマートフォンが普及したての頃はハードケースが主流となっていましたが、今ではハードケースを上回り、手帳型ケースの人気が高いです。そんな手帳型ケースは合皮や革でできている事が多いです。革製品はハードケースとは違い、水に弱く汚れも付着しやすくてとても繊細な質で出来ています。繊細な面を考慮しつつ、肌触りの良い布で1日1回はiphoneケースを丁寧に拭くと良いです。また、使っていて付着してしまった汚れは消しゴムで優しく擦ると消える事があります。外出中についてしまった汚れであれば、基本的には落ちるので試してみるのが良いでしょう。手帳型ケースは値段も高いので、今後長持ちさせたい人はしっかりとお手入れをするべきです。ポイントは力を入れて擦らず、優しく擦るように汚れを落とすことです。

長持ちしやすくお手入れのしやすい王道のハードケース

手帳型ケースとはまた違うハードケースは、人気キャラクターなどのケースの種類が豊富で使い勝手が良いことから不動の人気があります。初めてスマートフォンを購入した人は、iphoneケースはハードケースを購入する方が多いです。ハードケースはお手入れをしなくても比較的長持ちしやすい傾向にありますが、ハードケースも手帳型ケースと同様にお手入れが必要です。肌触りの良い布でお手入れするのは手帳型ケースと同じですが、ハードケースの汚れはよく絞ったタオルで拭いて落とします。機械なのであまりタオルに水分が残った状態はiphone本体の故障の原因にもなりますので、お手入れの際には充分気をつけてください。お気に入りのケースを長持ちさせるには必ずお手入れが必要です。綺麗を維持することにより長く愛用できます。

種類・デザイン・素材・ブランドなどから検索可能。 JR久宝寺駅徒歩19分大阪物流センター内に支社あり スマートフォンケースとお揃いの持ち運べるモバイルバッテリー。バッテリー残量確認可能な液晶モニター搭載 本社は東京都港区南青山にあり東京メトロ銀座線・半蔵門線・都営地下鉄大江戸線から徒歩3分。 Android全機種対応のスマホケースあります。 お気に入りのiPhoneケース見つけよう